ONLINE STORE

×

DRIPPOD STORY

【第二章】UCCドリップポッドのスペシャルティコーヒーができるまで


UCCドリップポッドのスペシャルティカプセルは、スペシャルティコーヒーならではの流れで仕上げ、品質の良いコーヒーを新鮮なうちにお届けしています。

スペシャルティコーヒーがお客様のお手元に届くまで、つまり「農園からカップまで」の流れを5つの工程順にご紹介していきます!

①産地を訪問し農園を選定。生産方法(品質、味わい、栽培、精製等)をアドバイス、サポート​

UCCには、世界中の産地で栽培方法をはじめ、様々な農事指導等をしている農事調査室という専門の部門があります。その部門の責任者でもある中平は、世界各地に点在する農園を飛び回り、最高品質のコーヒーを栽培できる環境を探し求めています。

元々、素晴らしい条件が揃っている恵まれた農園でも、更なる品質向上のために、品種の選定、栽培、収穫、精製方法などあらゆる工程において、UCCはアドバイスやサポートを行っています。
どのような味わいに仕上げたいかを生産者へ直接伝えたり、適正なものを見極めるなど、最高のコーヒー作りのため、信頼関係を築きながら、二人三脚で取り組みを続けています。
収穫したコーヒー豆は、UCC独自の厳しい基準で品質管理を徹底しています。

②収穫した豆のサンプルを確認して、コーヒー豆を買い付ける

スペシャルティコーヒーカプセルの多くは、農園主から直接仕入れを行います。
購入する豆を選定する際は、どういうものが採れたか生産者と打ち合わせをして、今年出来上がった生豆のサンプルをいくつか確認します。
コーヒー豆の大きさや状態の確認、香りや味覚チェックのためカッピングを行い、どの豆を買い付けるか決めています。

③コーヒー生豆が日本に到着。品質チェック後、焙煎度合いを決める為のカッピング​

同じ生豆でも、焙煎時間や熱のかけ方によって、コーヒー豆には浅炒り・中炒り・深炒りといった、焙煎の度合いが生じ、コーヒーの風味が大きく変化します。
最高においしい一杯に仕上げるため、味わい・焙煎度の試作を繰り返し、中平含め、UCCの有資格者たちが集まり意見を出し合い決めています。

④発売直前に焙煎、粉砕し、新鮮なうちにパッケージング​

③で決まった味わい・焙煎度をもとに、UCCの国内工場で焙煎・粉砕しカプセルへ充填。
ドリップポッドの定期便「世界のコーヒーお届け便」では、月替わりでお届けする月の前月に焙煎、加工を行っているため、より新鮮で香りもとても良い状態のコーヒーがお客様のお手元に届きます。

⑤新鮮なうちにお届けします

農園主やUCCのこだわりがたくさん詰まった最高の一杯をぜひお楽しみください。

※スペシャルティカプセルは、公式以外のショップではお取り扱いしておりません。
※時期により、産地や品名は異なります。
【コロンビア ルパタ農園、ルワンダ フイエマウンテン、ブラジル ラゴア農園、エチオピア イルガチェフェ地方産コーヒー、ホンジュラス エルプエンテ農園、ベトナム ダラット、ウィンターブレンド など】


POPULAR POSTS