DRIPPODマリアージュ

コーヒーマリアージュとは?ペアリングを楽しむコツ


一緒に食べ合わせることでコーヒーの味わいを何倍も豊かにしてくれる食べ物の数々。
ご自宅でも楽しめる、コーヒーと相性の良い食べ物の組み合わせを探してみましょう。

【コーヒーと食べ物の組み合わせ】

みなさんが朝食やおやつ、食後に飲むのはいつも同じコーヒーですか?
実は、コーヒーを食事に合わせて選んだり、逆にコーヒーに合わせて食事を考えたりすることでさらにおいしい相乗効果が生まれることがあります。
コーヒーにぴったりの食べ物を探す「フードペアリング」を、ここでは「コーヒー・マリアージュ」と呼びましょう。
マリアージュは「結婚」を意味するフランス語で、「複数の食べ物を一緒に飲食して相乗効果を生む現象」のことを指します。ワインの世界では日常的に使われている言葉で、何千、何万という出会いの中でたった一人の伴侶を選ぶ結婚になぞらえて使います。
コーヒーと食べものを上手に組み合わせることで味わいが何倍にも豊かになる「コーヒー・マリアージュ」。
そのコツをいくつかご紹介します。

【基本は互いの共通点を見つけること】

コーヒーにどんなフードが合うのか考えるときの基本は、コーヒーと食べ物の共通点を見つけ出すことです。
それぞれ似ている味や風味のものを合わせることで、マリアージュが成功しやすくなります。
例えば、味わいの質や濃淡などの共通点は、最も分かりやすい組み合わせ例です。

軽い味わいどうしの食べ物とライトなコーヒーは、共通した「軽い味わい」がお互いの長所を消し合わず、隠れた持ち味を引き出すので相性がよく感じられます。
また、濃厚な味わいどうしのダークチョコレートなどとストロングのコーヒーは、ダークチョコレートの濃厚な甘苦さはコーヒーのコクや苦味と同調し、お互いの強い特徴の中に隠されていた第2、第3の風味を引き出してくれます。

逆に、対照的な味どうしでは、それぞれの特徴を消し合ってしまいます。ただし、食べ物を味わうときの工夫次第では、ペアリングが成立する場合もあります。

味わいの質や濃淡の共通点の他にも香りや風味の特徴、例えばコーヒーからナッツやフルーツの風味を感じ取ったら、その食材を使った食べ物をあわせてみるのも成功しやすいコーヒー・マリアージュです。

ぜひご自宅で「コーヒー・マリアージュ」を楽しんで、コーヒーの味わいの奥深さをお楽しみください。


POPULAR POSTS