ONLINE STORE

コーヒーマリアージュ

【マリアージュ】「WONK」長塚氏考案 オレンジとバナナのクラフティ × ウィンターブレンド


「ウィンターブレンド」と相性抜群のコーヒーマリアージュを全4回にわたりご案内。
大切な人とあつまり、楽しく過ごすホリデーシーズンを盛り上げる、おうちパーティーで試したくなるアイデアをお届けします。

「WONK」長塚氏考案『オレンジとバナナのクラフティ』

クラフティとは、フルーツに卵・小麦粉などを混ぜて焼き上げた、カスタードプディングのようなフランスの伝統菓子です。本場ではタルト生地に流し込むことが多いようですが、手軽にタルト型に流し込んで作る方法をご紹介します。

<材料>

[アパレイユ](18㎝型使用)

・生クリーム45%  115cc ・牛乳 75cc ・卵 1.5個( 全卵1/2個+ 卵黄 1個) ・砂糖 25g

・薄力粉 17g ・ラム酒 キャップ1杯 ・バニラエッセンス 3滴程 ・型に塗るバター 適量

・オレンジピール1/2個分(削って) ・オレンジ2個

・グランマニエ 大匙1 (コワントローでも。どちらもなければダークラム)

[カラメリゼするバナナ用]

・バナナ3本 ・砂糖 50g ・バター無塩 50g

<作り方>

① アパレイユを作る。卵をとき、砂糖入れてうっすら白くなるまで混ぜた後、薄力粉を一気に投入。薄力粉は振るわずに入れて、よく擦り混ぜる。

② ①に湯煎で人肌くらいまで温めた生クリーム、牛乳、ラム酒をゆっくり加えて擦り混ぜる。

③ ②にオレンジピール、グランマニエ、バニラエッセンスを加える。

④ バナナをカラメリゼする。フライパンに砂糖のみを全量投入し、黒色に近い焦茶色までカラメルにし、ぶつ切りにしたバナナを投入して和えた後、すぐにバターを加えて絡ませる。

⑤ バターを塗った型に④のカラメリゼしたバナナ、スライスしたオレンジを敷き詰め、冷蔵庫で粗熱がとれるまで冷ます。

⑥ 粗熱がとれたらアパレイユを上から型へゆっくりと流し込む。

⑦ アルミホイルで蓋をして、180℃に予熱したオーブンで40~50分程焼き、全体がプディングくらいまで固まったら完成。

※焼き過ぎると固くなるので注意。何度か蓋を開けて、ゆすって固さをチェックする。

 

<コーヒーマリアージュコメント>

バターと卵の風味が合わさり、コロンビアルパタの濃厚なコク、カラメルの香ばしさと甘みが一気に口の中に広がります。コーヒーと合わせることで苦味と甘みが調和し一体感が生まれ、余韻にオレンジの香りが引き立ちます。

レシピを考案した「WONK」長塚氏


「WONK」のボーカリストとして活動するほか、活動料理人としての一面も持ち、大学在学中よりイタリアンやフレンチの有名店出身のシェフの下で本格的に修行を開始。卒業後、弱冠24歳にして都内ビストロの立ち上げに料理長として携わる。現在もフランス料理をベースに商品開発やイベントを開催する。

<レシピについて>

レストラン時代に教わったレシピをベースにしたスウィーツです。さくらんぼを使うのがクラシカルですが、今回はカラメリゼしたバナナのニュアンスがコーヒーの香りとマッチしてくれるようにアレンジしました。タルト生地を使わずに量が作れるので、家族や友人に振る舞う時に最適ですね。

 

ウィンターブレンド

個性豊かなスペシャルティコーヒー4種類を贅沢にブレンド。
寒い冬にゆっくりと楽しみたい、ボルドーワインを思わせる重厚な果実味と濃く深い味わいが特長です。​
ホリデーシーズンに大切な人と過ごす特別な時間に特別な料理と合わせて、
時間経過やペアリングによって変化する香りと味わいをお楽しみください。

 

■「ウィンターブレンド」を知る


POPULAR POSTS